太陽光発電はクリーンな再生エネルギーです

太陽光発電は、原発事故などによって、クリーンで再生可能なエネルギーとして大変注目を集めています。
原発事故では原子力は私たちはまだ原子力を完全にコントロールできないことを立証しました。
それに火力発電は二酸化炭素を排出することになるので、地球温暖化という点では問題があり、その点、太陽光発電は、原発や火力発電と違って、自然の太陽光を電気エネルギーに変換するので、安心できるエネルギーといえるのではないでしょうか。
それに自宅の屋根に設置する手軽さがあり、自宅で発電できることによって災害時でも発電でき、災害にも強いといえるでしょう。
自宅の屋根で、太陽の光から電気を作り、それを売電することができ、尚且つその買取価格は10年間同一の単価で引き取ってくれます。
それによって初期投資資金を回収した後は、安定した老後資金になるでしょう。
国や地方自治体も太陽光発電に関しては補助金を創設して積極的に推進していいて、私たちはそれによって設備資金の一部を補助金にすることができることによって、初期投資を抑えることができ、その分食費用を早く回収することができるでしょう。
太陽パネルの寿命も、一応は20年の補償がなされていますが、何もなければ30年は稼動できるといわれています。
初期費用を回収したら、売電での収益は安定した老後資金にもできると思うので、この点で投資といってもいいのかもしれません。
太陽光発電を設置した方が異口同音に言っていることは、コントロールパネルによって発電量や消費電力を確認することができ、楽しんで節電できるようになり、省エネの意識が向上するといわれています。
地球環境に良くて、無尽蔵の太陽光を利用できることによって、老後資金にできる収益を得て、災害に持つようエネルギーを自宅の屋根でつくることができるのです。
補助金を利用できれば所期コストは圧縮でき、その分初期費用の回収も早くなり経済的にもメリットが多いといえます。


1 2 3 4 5 26