Home 我が家の「太陽光発電」生活は失敗なし。毎日の発電量で「楽しさ」倍増!
« Home »

我が家の「太陽光発電」生活は失敗なし。毎日の発電量で「楽しさ」倍増!

私の家は太陽光発電にしています。
パネルを設置してから約3年になりました。
毎日しっかり発電してくれているので頼もしいですね。
日によって日照時間が違うので発電量はまちまちなのですが天気のよい日は「20kwh」くらいにはなりますよ。
曇り曇や雨の日は「12kwh」くらいでしょうか。
専用のモニターがあって、毎日の発電量はそれで見られるので楽ですよ。
家族のみんなも気になるようで部屋にくるたびよく見ています。
こどもたちは「今日はよくがんばったね」と話しかけたりします。
パネルを設置してからよく電気の話しをすることが多くなりました。
こどもたちは夏休みの宿題に「太陽光発電」について自分で調べたことをまとめてもっていきました。
自然エネルギーについて図書館で調べたり、パネルの絵を描いたりなどいろいろ工夫していました。
それを見て、私や主人も「なるほど、僕たちも勉強しなければねぇ」と話したりしたのです。
「太陽光発電」のよいところはなんと言っても「自分の家で電気を作れる」ことです。
自分の家が発電所になるのでそれなりに緊張感をもつようになりました。
次は「余った電気は会社に売る」ことができ、光熱費も削減できる点です。
長い期間にはなりますが、投資費用は回収できるので家計も助かります。
よく「太陽光にして失敗したわ」と言われる方がいますが、
ちゃんと見積もりをとって下調べをすれば「失敗」というものは起こりませんよ。
パネルの種類はいろいろあるので設置する前に屋根の広さや角度など業者さんに見てもらい、自分の家に合ったパネルを選ぶのがよいと思います。
専門家の意見はどんなことでもノートにとり忘れないようにすることも大切です。
最近ではどこの市でも補助金制度があるのでほんと「太陽光発電」がどれだけ普及してきたかがよくわかりますね。
これから家族5人長く住んでいくわけですから、自分の家は大切にしたいですね。
「太陽光発電」にしてよかったです。
これからも家族みんな、「資源エネルギー」のことを忘れずに楽しく暮らしていきたいと思います。

Tags