Home 松山市で太陽光発電設備を導入しよう
« Home »

松山市で太陽光発電設備を導入しよう

松山市は四国愛媛県の県庁所在地、夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台になったところとして有名です。
道後温泉は今でも明治と変わらぬ姿を見せておりたくさんの観光客で賑わっています。
愛媛県には四国唯一の原子力発電所の伊方原発がありますが、東日本大震災の福島第一原発事故の影響で、現在運用停止中で再開の目途が立っていません。
最近は円安で天然ガスの輸入代金が割高となり、火力発電の発電コストを電気代に転嫁しようとしています。
このままでは市民の電気代の負担が増すばかりです。
そんな理由から、松山市では太陽光発電に対しての関心が高まっています。
また、四国の北西部に位置するため、同じ四国の高知県などと比べて雨が少ないことから太陽光発電には恵まれた立地条件です。
実際に設備を導入するにはネットで検索するのが一番です。
複数社の見積もりがとれたり、実績のある会社を探すことができたりします。
原子力発電所が止まっている今が太陽光の発電設備を導入するチャンスです。
メリットはたくさんあります。
1 家をオール電化にしてガス会社との契約を打ち切ることで光熱費を大きく節約できます。
2 余った電気は電力会社に買い取ってもらう制度があります。
3 災害が起こって停電しても太陽光発電で発電した電気を使うことができます。
4 地球温暖化対策としてエコにも貢献できます。
まずは業者の見積もりをとって、業者に現地調査に来てもらうのが第一歩になります。
ぜひ導入を検討してください。


Tags