Home 最大のメリットはエコに繋がること
Home »

最大のメリットはエコに繋がること

私が太陽光発電を導入したのは2011年のことだ。
東日本大震災の後に、電力不足に陥り、多くの人が電気の大切さを知ったことは言うまでもないだろう。
null私も、電気に生活を支配されていた人間の一人だ。
そういった背景があり太陽光発電の導入を決めた。
2012年にも多くの原子力発電所は稼働せず、節電を強いられた人は少なくはない。
私は2011年の8月に設置を決め、決めてから着工、完了までは非常に早いもので1カ月かからなかった。
順番待ち等ある場合もあるので一概には言えないが、工事期間はそんな馬鹿みたいに長いものではない。
太陽光発電にしてからは、電気が余った場合には売ることができる点を魅力的に感じている。
なぜかというと、天気が良ければ良いほど電気はたくさん生産される。
しかし、家庭で使用する量というのは生産量に満たない。
しかし、そういう日ほど世の中は電気不足に悩む。
そういう時に、電力会社に電気を売ることで、私自身利益を得ることができるし、電力不足の解消の一端を担っているという、社会貢献をしている気分になれる。
なんとなく、利益を得つつ、社会貢献をするというのは悪い気はしない。
他にも、エコであるという点も社会貢献であろう。
当然、自然エネルギーであるため余計な二酸化炭素の発生を抑えることができる。
今後は電気自動車を買って、家庭で作った電気で自分の車を走らせたいと思う。
それが、最大のエコであり、よかったことと言えるのではないだろうか。

Tags