大阪で導入する際の補助金制度

では次に費用について話をしていきましょう。
太陽光発電を導入する際には、色々と準備をする必要があります。
大きく分けてですが、設置をするために必要になる機械と工事の費用の2つです。
必要になる機械については、どこのメーカーのどの型番にしようかとか、モジュールは何枚つける必要があるかなど、設置をする内容によって異なってきます。
工事の費用については業者によってもさまざまですし、モジュールの台を設置する為に、補強工事を行うこともありますのでその際には工事の費用が異なってきます。
各家庭によって内容はさまざまですので、費用についてもさまざまだということなのです。
安くおさえることができる場合ですと、100万円前後と言われています。
沢山設置をするなど高くなる場合は、300万円かかることもあるのです。
それぞれ補助金を支払いしてもらうことが出来ます。
住まいによって制度が違うので確認をしてみましょう。
例えば大阪に住んでいたとしますね。
府に申請をすることと、市町村に申請をすること、さらに自体に申請をすることが出来るようになっています。
大阪に限らず他の都道府県でも同じなのですが、住まいの都道府県や市町村への申請と、全国どこに住んでいても申請が出来る制度があります。
それぞれ併用をすることが出来るようになっており、補助金を受け取ることで費用の負担を減らせるのです。
業者に見積りを取ってもらう際に、あわせて補助金についても話をしておくと便利です。
金額の説明を受ける際に、補助金がこれぐらい出るので差引支払い金額はいくらですと、計算をしてもらうことも可能です。
実際必要な金額を確認しておくことで、支払いをする計画も立てやすいですよね。
ちなみに年度によっても変わります。
昨年まではいくら補助が受けられたが、今年度からは予算の関係で金額が増える場合や減る場合などさまざまです。
いつ申請をするのか、時期によっても変わりますので確認をしましょう。